Pocoをインストール

Ubuntu 11.04 を入れたついでに、Poco も入れ直す。

Poco が何者かについてはこちらを参照。
C++ネイティブな私にとっては『PocoSTL があれば他に何もいらない』といっても良いくらいの存在。

sudo apt-get install でも Poco の各ライブラリをインストールできるが、バージョンが古いので、ソースコードからビルドする。

インストール手順

– ホームディレクトリに Develop ディレクトリを作り
– Poco の圧縮されたソースファイルをダウンロードし
– 展開したら元の圧縮ファイルを削除し
– コンフィギュレーションファイルをエディットして IPv6 対応にし
– コンフィギュア、ビルド、インストール
を行う:

$ cd
$ mkdir -p Develop
$ cd Develop
$ wget http://jaist.dl.sourceforge.net/project/poco/sources/poco-1.4.1/poco-1.4.1p1.tar.gz
$ tar -zxvf poco-1.4.1p1.tar.gz
$ rm poco-1.4.1p1.tar.gz
$ cd poco-1.4.1p1
$ gedit build/config/Linux

この Linux というコンフィギュレーションファイルの SYSFLAGS の行に -DPOCO_HAVE_IPv6 を追加する。
つまりこうする:

SYSFLAGS = -DPOCO_HAVE_IPv6 -D_XOPEN_SOURCE=500 -D_REENTRANT -D_THREAD_SAFE -D_FILE_OFFSET_BITS=64 -D_LARGEFILE64_SOURCE -DPOCO_HAVE_FD_EPOLL

これを Save したら、引き続き:

$ ./configure
$ time make
$ sudo make install

を行う。

make の時間を time で計測した結果は:

real	74m56.742s
user	68m6.547s
sys	5m10.266s

と、1時間15分くらいかかった。
(Mac-mini 上の VMWare Fusion で走らせている Ubuntu 11.04 では、約26分だった)

debug ビルドをやめたり、テストコードのビルドをやめればもっと速く終わるのだけれど、使い方が良く分からなかった時、動作確認用にまたコンパイルするのは面倒なので、私はいつもフルビルドしている。

使用例は?

長くなってしまったので、また次回に…

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>